波乗り情報を中心にゆるく運営中。
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
SWEETS! Calamel Lovers イケメンサーファー ザ・ワールド・ストームライダー・ガイド 日本語版〈Vol.2〉 AUSTRALIA NOOSAHEADS vol.1 真木蔵人のオーストラリアサーフトリップの様子をDA.VDとなって登場! PRINCESS [DVD] SUNSET BALI INDONESIA [DVD] SUNRISE J-BAY [DVD] Surftrip JOURNAL (サーフトリップジャーナル) 2008年 04月号 [雑誌] サーフトリップジャーナル55(DVD付) (エイムック 1566) サーフトリップジャーナル 56 (エイムック 1613) サーフトリップジャーナル 57 (エイムック 1662) SLIDING LIBERIA(スライディング・リベリア) 日本語字幕付 [DVD]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 映画鑑賞「シャイニング」 main 西湘・吉浜の昨日の様子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2010.06.20 Sunday 
- -
映画鑑賞「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」
姉です。

土曜日にリュウちゃんからプレゼントしてもらった「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」を早速鑑賞!
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
ルーカス・ブラック
人気カーアクション・シリーズの第3弾は、東京が舞台。カリフォルニアの高校生ショーンが暴走事故を起こし、少年院送りになる代わりに、軍人の父が住む日本へ行くことになる。東京都心での狭い道や立体パーキング、急カーブの山道で繰り広げられるドリフト走行のレースは、過去2作とは違う緊密なスペクタクル感を生み出した。レースシーンは日本でのロケに、セットでの撮影、CGを合成。渋谷のスクランブル交差点で大爆発が起こるなど、“ありえない”状況が無理なく映像化されている。
アクション以外でも、日本人にとってはカルチャーギャップのドラマが楽しめる。詰め襟を着たショーンの姿も笑えるが、高校の食堂での懐石料理風メニューや、渋谷ギャルのメイクなど、ちょっぴり変な日本もご愛嬌。ツッコミを入れるのも、それはそれでおもしろい。日米混合のキャストのなかでは、わずかなシーンながら妻夫木聡、柴田理恵など豪華なゲスト出演が見どころ。これまでのシリーズが、どちらかと言えばカーアクション・ファン向けだったが、この3作目は娯楽作として、とくに日本でより多くの層にアピールする作りになった。

おもしろい!カルチャーギャップがかなり笑える!
軍人のお父上が自宅でも「ARMY」と書いてあるパーカーを着ていたり、ものすごいタトゥーの相撲レスラー(なんと小錦が出演!)が銭湯に入っていたり、日本人同士なのに英語で話をしたり・・・。不自然なところがおもしろい!
主人公のショーンが転校してきた、おそらく東京の三田にあると思われるこの日本の高校は一体全体何なんだ?!インターナショナルスクールかと思うほど英語が堪能な学生ばかり。ニューヨークかと思うほどの人種の坩堝的な東京のイメージにびっくり。

日本人役を中国系の俳優が演じていたり、日本人なのに名前が「ハン」という明らかに中国系の名前だったりと、キャスティングもやりたい放題。ショーンの同級生がBowWowってかなり激しいですよね。(ラッパーのBowWowがこんなに演技ができるとは思いませんでした。)
Wanted
Wanted
Bow Wow

外国人の目からみたTOKYOって、こんなにキラキラしていて華やかで、インターナショナルだけど古い建物も残っていて、モデルとヤクザがいっぱいいるすごい大都市なイメージなんだなーと思いました。w

何にも考えずに鑑賞できて、はちゃめちゃぶりにスカッとできる娯楽映画でした。w


2007.01.22 Monday 01:46
映画のこと:姉 comments(0)
スポンサーサイト


2010.06.20 Sunday 01:46
- -
comment




/PAGES